バイク免許の種類と取得の仕方の違いについて

バイク免許の種類には、まず、16歳から取れるのは、試験も学科だけの簡単でお手軽に取ることができる原付。 二人乗りもできて、税金や保険が安い普通二輪小型限定。高速道路も走れて、バイクの楽しみが増える普通二輪があります。それぞれ、AT限定というものがあります。18歳になってからはパワーがある大型二輪の免許も取ることができます。

バイク免許の取り方は、原付免許は運転免許試験場でのみ受験可能ですが、ほかの免許は運転免許試験場で直接受験するか、教習所に入校するかを選択することができます。 運転免許試験場での受験は一発試験、飛び込み試験などと言われており、教習所に比べると費用は安くなりますが、技能試験が難関で簡単に合格することはできません。

教習所に入校する場合、運転にはクラスに応じて難易度の異なる技術や知識が必要なので、教習所で正しい技術をマスターすることができるので、運転免許試験場での技能免許は卒業することができれば免除なので、直接受験をするよりも煩わしさも少なく取得することができます。 バイク免許を運転免許試験場で受験する場合には、費用は運転免許試験場によってことなります。教習所での費用は教習所によっても違いますが、個人差によっても違いがあります。

Copyright(c) 2015 合宿免許バイクネット All Rights Reserved.